人々の “健康促進” のために!

人々の “健康促進” のために!
2015年春、沖縄の琉球大学キャンパス内 (産学共同研究棟) に立ち上げた “PAK研究センター” の発足メンバー(左から4人目が、所長の多和田真吉名誉教授)
For detail, click the above image.

2017年6月18日日曜日

米海軍の駆逐艦には「自衛力」なし ( コンテナ船からTKOを食らう!)
航海中の商船や漁船の邪魔になっているだけ?

下田沖で、米海軍イージス駆逐艦 (8千トン) が、(東京湾に向かう) フィリピン籍の貨物船 (韓国製コンテナ船、3万トン) に衝突して、大破した (水兵7名が、艦内で死亡!) 。当たり所が悪ければ、艦がまっ二つに割れて、沈没した可能性もあった! 
どちらがボンヤリしていたのかは、未だ "不明" だが、余り 「防衛力のない」 米海軍である。 コンテナ船の運転:  少なくとも名古屋-東京間は、 土地感のある地元 「日本郵船」 による (船長はフィリピン人) 。 http://www.nyk.com/news/2017/1188108_1521.html
衝突前、わずかに先行していたイージス艦が (本来ならば、そのまま直進すべきを)  右へ舵をとり、(右側を走っていた) コンテナ船に接近した。 一体何故か? 

 「日本 (首都圏) の防衛など任せられない」 と、地元 (横須賀) の小泉さん (元首相) はきっとこぼしているに違いない!  否、小泉一家 (親子) が先頭になって、「横須賀港からイージス艦を全部撤去させる」 抗義運動を始めるかもしれない!  「自民党をぶっ潰す」のは、今が正に絶好のチャンスだ!

「黒船のペルリ」 も、(草場の蔭で) さぞ嘆いていることだろう。。。 往年の「黒船」の威信は地に落ちた!

http://www.asahi.com/articles/ASK6K3DFKK6KUQIP01D.html?iref=pc_rellink

 イージス艦よ、とにかく、用もないのに、日本海域をウロチョロしないでもらたい!  (事故現場近くは、毎日400せきの船が往来する地点!)
 この事故を聞いて、一番ほくそ笑んでいるのは、ロシアのプーチン:  夜中の米軍イージス艦は 「盲 (鳥目) のタイガー」 だ! 
 
以下は未だ 「私見」に過ぎないが、今回の事故では、明らかにコンテナ船の前を横切ろうとして、自分の戦艦のスピードを過信する余り、猛スピードで直進するコンテナ船をうまく交すことができず、横っ腹に自ら 「墓穴」 を掘ってしまったと考えるのが妥当であろう。 海上保安庁が調べれば、原因は直ぐ判るはず。 従って、死亡した(数人の) 水兵には、全く気の毒だが、イージス艦にとっては、「自業自得」であろう。 遺族への損害賠償は、米 (トランプ) 政府が全額払うべきであろう。 しかし、安倍内閣が、これにどう対処するか、これからが見物である。 下手をすると、(政権をゆるがす) 大問題になりかねない。。。 「日米安保」 とは一体何んぞや、と国民から追及される可能性がある。 威信丸つぶれの 「トランプ」 は、艦長と操縦士を "軍法会議" にかけるだろう。。。
_________________________________________________________________________________

私は40年以上昔、渡米の際、米国のコンテナ船に乗って太平洋を渡った経験があるので、良くわかるが、巨大なコンテナ船は例えてみれば、大鯨のようなもので、ちっぽけな鮫 (駆逐艦) など、相手にならない。 とにかく、どっしりと安定していて、航行中、全く揺れないから、「船酔い」など経験したことがない!

私が今抱く夢は、将来もう一度 "OOCL" (世界最大のコンテナ船) のような巨大貨物船に乗って、「七つの海」 を航海し、最後 (12月10日頃) に ストックホルムに寄港して、「PAK」 研究仲間と共に (「PAK発見」 と 「PAK遮断剤」 の開発に対して) 受賞を分かち合うことである。

 この夢の実現は、我々が最近開発した強力なPAK遮断剤 「15K」 が市販されるかどうかにかかっている。 従って、「イージス駆逐艦のようなちっぽけな船に (進路を) 邪魔されぬよう」、十分に注意して研究 (航海) を進めなければならない。

2017年6月4日日曜日

永世中立国 「スイス」 から学ぶべきこと!

英国では、マンチェスターやロンドン市内で、頻々とテロ事件が続発している。フランスのパリやベルギーのブラッセルでも、テロ事件が続発している。米国のニューヨークでは、花々しく 「ツインタワー」 が飛行機で爆破された。 豪州のシドニーやメルボルンでも、小さなテロ事件が絶えない。その主な 理由は、米国に組して、イスラム国 (IS)  と戦争状態にあるからである。

しかし、スイスはナポレオン戦争直後の ウィーン会議 (1815年)で、「永世中立国」として、世界各国から承認されて以来、国内が戦争の場になったり、テロ事件の場になっったりしたことがない。

 スイスはその昔、オーストリア-ハンガリー帝国 (神聖ローマ帝国) の属国だった。 しかしながら、有名なウイルヘルム=テルなどの活躍により、 1648年に遂にオーストリアから正式に独立を勝ち得た。

日本も日米安保条約を速やかに破棄して、米国の属国状態から自らを解放して真の 「独立国」 となり、「永世中立国」 を宣言すべきである。 さもなくば、やがて、東京、大阪、横浜などの大都市でも、テロ事件が続々と発生するようになるだろう。

2017年6月2日金曜日

手拭い一枚 (百円) で出来る 野性的な 「H フンドシ」! 就寝時に最適!

最近、高知で男女兼用の 「破廉恥なフンドシ」 が特に女性の間で大人気だという記事を読んだ。詳しくは、下記のサイトを参照されたし。
https://irorio.jp/takumiurushidate/20161120/363063/

しかし、定価が2000円もするという。。。更に、(肌ざわりが良い) 絹製のフンドシになると、4000円もするという。。。  http://item.rakuten.co.jp/es/hf40d/

我々庶民には、ちょっと手が届きにくい。そこで、ある貧乏人 (メルボルン郊外にある「H 工房」の老主人) が知恵を絞って考えついた (家庭で出来る) たった100円の実用的な 「H フンドシ」 をここで紹介したい。

材料は手拭いなど一枚 の布切れ (縦60-80センチ、横30-40センチ) と紐 (腰周りの長さ) 2本
例えば、手拭の両端にある溝に紐を各々通す。 手拭を横長に張ると、アルファベットの "H" 型になる!
一端を、背中に回して、腰で固定して、ヘソの辺りで、紐を結ぶ。次に、下に垂らした他端を股間を通して、ヘソの高さまで引き上げて、後ろで紐を結ぶ。 紐は(ビキニのごとく) スタイリッシュに両脇で結んでも良い。「和製のビキニ」がこうして完成!。 女性用のブリーフ/パンティーと違って、太腿の付け根を締め付けないので、就寝時に最適!  これからやってくる熱帯夜を涼しく過ごす (格安の) 知恵。

「H フンドシ」には面白い伝説がある (往年の名画 「戦場にかける橋」、早川雪舟主演)。戦争中、南方ビルマ戦線で日本軍の捕虜になった英米人の兵士たちに向かって、(英語が達者な) H 少佐が、手拭と紐を手渡して、こう命令したという。「自分のパンツはこれで作れ」。豪州では、「日本のオムツ」 とか 「POW (戦争捕虜) フンドシ」 とか呼ばれている。

戦前の米国映画界では、五輪 (100-400m 自由形) で何度か優勝した水泳選手 (ジョニー=ワイズムラー) がふんする密林の「ターザン」が、野性的な 「H フンドシ」で大活躍した。 かつて若かりし頃に観た「ターザン映画」を思い出して、H少佐は 「Hフンドシ」 を考え付いたのかもしれない。戦後、「ビルマの竪琴」 を執筆した独文出身の竹山道雄氏は、英文出身のH少佐と一高ー東大を通じて同輩だったという説がある。。。 実は H少佐は竹山氏同様「戦争嫌い」だったが、"赤紙" が来たので出征したが、とうとう左遷され、(逆に"語学力"を買われて) 捕虜収容所の管理を命ぜられていた。

2017年3月10日金曜日

本日、東大の入試合格発表!

2017年東大志願者数・合格者数

平成28年度  募集人員   志願者数  受験者数      合格者数
文科一類    401         1,206      1,178            401
文科二類    353         1,050      1,032              360
文科三類    469         1,652      1,401            487
理科一類   1,108          2,947     2,745           1,135
理科二類    532         1,877     1,851            550
理科三類     97           546      381              98

理II (約500名) から10人余りの "進振り" 医学部進学 (理IIIの定員の10分の1) がある。 近年では、文系からの医学部進学もいるみたい, という興味深いツイッターがあった。

(私の学生時代=1960年代には) 理IIでは、医学部 (10) と薬学部 (60) へ進学する学生が "エリート" だった。

もしかしたら、東大理II から医学部に進学したほうが、(長い目でみれば) 某大学医学部に直接入学するよりも、戦略的に有利かもしれない。 

我が亡父曰く:  壁につきあたった時、迂回のできる柔軟な頭をもった人が、自然淘汰の激しい世界では、最後に生き残れる 「進化」 した人種かもしれない。。。 氷河期に迂回ができなかった (洞穴に住めなかった) マンモスや恐竜は、結局、絶滅した。

(来年の入試に再度挑戦する医学志望の学生さんのために):

こんな考え方 (選択枝) もあるのだということを 頭の片隅に、とどめておきましょう!
 医学部に入学したら、もう勉強しない早熟「やぶ医者」型になるか、大学入学後も、更にがんばって、医学部の狭き門 (鉄門) に挑戦する 「大器晩成型」 を取るかの選択である。

2017年3月7日火曜日

人類にとって 「進化」 とは、一体何か?

チャールズ=ダーウインの進化論によれば、人類が (チンパンジーやオランウータンなどの) 類人猿から進化を遂げたのは、四足で木々を飛び回っていた習性を捨てて、地上に二本足で立ち、頭をしっかり支えながら、歩き始めた瞬間に始まる、といわれている。人類の赤ちゃんが (イヌネコのごとく) 四足で這い回っていた時代から、スックと立ち上がって、力強く歩き始めた瞬間に、その個人の進化、特に頭脳の進化が急速に始まる。「寝る子は育つ」という諺があるが、実際には、寝たままでは、象のごとく図体ばかりが大きくなるだけで、頭脳の進化は遅々として進まない。

さて、少なくとも公立の小中学校での義務教育は、個人個人に人類社会に溶け込むために必要な最小限の知識を、大人の謂わば「猿真似」によって、習得させることにあると考えてよかろう。少なくとも (近所の区立学校に通学していた) 私自身の義務教育はそうだった。しかしながら、都立の名門高校に入学以来、色々な試練が待ち構えていた。他人の猿真似はもはや許るされなくなった。それは、我が家の特殊な家庭の事情にもよる。 我が家 (両親と3人の子供) では、母はいわゆる「主婦」ではなく、外で働いて、細腕で家計を支えていた。父は京大出のインテリだったが、戦争中、日本軍による満州侵略などに反対して、教職を追われて以来、農作業をしながら、家事や子供の養育/教育などをまかなう「主夫」だった。しかしながら、敗戦後の日本社会における女性の稼ぎは高が知れていた。幸い、毎日の食事には困らなかったが、それ以外の物は、必要最小限度に切り詰められた。

幸い、義務教育は無償だったが、高校では、都立でも、授業料が課せられる。先ず、両親は学校に授業料免除を願い出た。更に、私の学費 (教科書代や通学費) を支えるために、日本育英会から奨学金の貸与を勝ち取った。 ここから、仲間の同級生とは、全く違う高校生活が始まった。 我が校にもいわゆる「詰め襟制服」があったが、高価なので、私は母がバーゲンセールで手に入れてくれた安いジャンパーを、通学服にしていた。 我が校では、一学年に男子が300名、女子が100名だった。その内、上から200名以内に入っていれば、二浪まで我慢すれば、東大に入学できた「古き良き」時代だった。しかし、我が家では、家が狭いので、3人兄妹が6畳一間で生活していた。従って、自宅での自習はおよそ無理だった。放課後や週末は近くの区立図書館あるいは、母校のひっそりとした教室、あるいは四ツ谷 (赤坂) にある国立図書館で自習を余儀なくされた。

もっとも、いつも自習ばかりしていたわけではない。実は (父に似て) 猿真似が大嫌いな私は、陸上部に入部してから、長距離所属で、「競歩」という珍しい競技を始めた。当時の日本では、高校生で競歩をしていたのは、私以外には、殆んど見かけなかった。レースでは、実業団からの選手たちに混じって、20-50キロ競歩を競った。お蔭で、高校に入学当時、全校で女子を含めて1200名中、最もチビだった私は、高校3年間に身長を36センチ延ばし、その大きなギャップを埋めることができた。これは、私にとって、最大の進化の一つだった。

もう一つの進化は、生涯の進路を決めたことである。 まず、サラリーマン生活は辞めにした。ある特定の専門家になることを志した。化学と絵を描くことが好きな私は、ある日、癌に役立つ「魔法の弾丸」を開発する決心をした。 そのきっかけは、神田の古本屋で立ち読みをしている最中に、面白い伝記を見つけたからだ。原書はドイツ語で戦前に出版されたが、その英訳を偶々見つけた。「化学療法の父」 として知られているドイツのユダヤ系病理学者である 「パウル=エーリッヒ」 の伝記だった。 彼は1908年に免疫学でノーベル賞をもらったが, その翌年、梅毒の特効薬「サルバルサン」 の開発に、助手の秦佐八郎と共に成功した。それが、「化学療法の父」と呼ばれるようになった由縁である。さて、サルバルサンはエーリッヒ博士の 「魔法の弾丸」 と呼ばれるが、その由縁は以下のごとくである。サルバルサンは、アニリン色素とひ素の化合物である。アニリン色素は梅毒の病原菌に特異的に結合するが、それ自身には毒性がない。ところが、それにひ素を結合させると、梅毒菌 (スピロヘータ) を選択的に殺すというわけである。 この発想は、博士が病理学者で、組織染色の名人だったことに起因する。スピロヘータを染める色素とひ素という毒を巧みに組み合わせて、606番目の化合物として、サルバルサンが誕生した。その話を読んで、「これが我が人生だ!」と私は思った。

さて、梅毒は既に退治された。次の敵は「癌」だと、私は感じた。そこで、大学では、医学ではなく、薬学をめざした。創薬という学問は、極めて総合的な学問である。有機化学と分子生物学と薬理学/病理学を駆使した「グレンツゲビート」(境界領域) を行く「雑学」である。脳の 左半分と右半分の間で、常にピンポンゲームのやり取りを続けるユニークな学問である。そして、成功すれば、少なくとも癌患者の命を救うことができるやりがえのある仕事である。。。こうして 「人々のために役立つ」天職を見つけることができた! 

伝記を見つけて以来、既に半世紀以上の月日が過ぎた。残念ながら、私のめざした 「魔法の弾丸」は、市場には未だ出ていない。しかし、研究室で日々、輝きを増している。我々が最近見つけた「魔法の弾丸」は15K と名付けられた。「ケトロラック」という鎮痛剤の誘導体 (エステル) である。 原料であるケトロラックの「K」と開発した「2015年」を組み合わせたものである。ケトロラック自身にも弱い (プロポリスに匹敵する) PAK遮断作用があるが、カルボン酸であるため、細胞透性が悪い。そこで、水溶性のトリアゾール環をもったアルコールと結合させて、エステルすると、細胞胞透性が飛躍的に増し、その抗癌作用が500倍以上、増進されることがわかった。早速、特許を取得し、早急に臨床テストが開始できるよう、色々な準備作業を進めている。

面白いことに、このエステル化反応は、「クリック化学」 という化学反応を利用したものであるが、その組み合わせ反応は、かつて、エーリッヒ博士がアニリン色素とひ素を組み合わせて、梅毒の特効薬 「サルバルサン」 を開発した手法と、不思議にも良く似ている。違いは,組み合わせの相棒が各々違っただけである。つまり、昔の組み合わせゲームが進化して、癌の特効薬 (強力なPAK遮断剤) が誕生した!
 
進化とは 「変化しつつある様々な環境に応じて、自らをうまく適応させて生き延びようとする努力」 だと、私は思う。そして、それが単に受け身ではなく、積極的に新しい環境に飛び込んで、それに挑戦かつ克服することによって、偉大な (思いがけない) 発明/発見が生まれるのだと、私は信じている。猿真似ばかりして、惰性だけで人生を送り続ければ、人類はマンモスや恐竜と同様、やがて絶滅する外ない! 

米国で、目下 「トランプ大統領」 を熱狂的に支持する教育程度の低いブルーカラー労働者や農民層の動きは、結局、滅び逝くマンモスや恐竜の「最後の抵抗 (あがき)」に過ぎない。。 「トランプ政権」にベッタリかじり着く 「安倍政権」 の寿命もそう長くはないだろう。。。 進化なくして、繁栄は生まれない!

2017年2月28日火曜日

一口伝説: PAK独裁に戦いを挑む 「リボンの騎士」
(Princess "Zorro" vs. Kingdom "PAK")

大平洋の彼方に、突如 「PAK王国」 と称する独裁国家が成立した。国王の名はドナルド =パック。白人の億万長者で、進歩的な黒人の大統領をクーデターで追い出し、有色人種の移民を迫害、差別し始めた。そして、敵国ロシアの独裁者と結託して、核兵器を大量生産し始めた。核の力で世界制覇を企んでいた。 それを批判する進歩的なメディア (新聞社やテレビ局) を一斉に締め出し始めた。

そこで、メキシコ出身の有色系女性 「パール」 が独り立ち上がって、パック打倒を宣言した。彼女は幼年時代からトムボーイで 「剣の達人」 だった。 「ゾロ」 のごとく仮面をかぶり、夜な夜なホワイトハウスに忍び込み、銃の代わりに剣を使って、敵と戦い始めた。 馬にまたがり、帽子にピンクのリボンを巻いているので、俗に 「リボンの騎士」 と呼ばれるようになった。

パールがお気に入りのサーベルは、「プロポリス」 と呼ばれていた。このサーベルで傷を負うと、敵の兵士はたちまち豹変し、パック国王支持を辞めて、パールの配下に加わるようになった。プロポリスには不思議な 「魔力」が秘められていた。その魔力は、穂先に塗られたポプラ由来のCAPEにある。 CAPEは強力なPAK遮断剤で、癌やその他様々な難病の病因である悪玉酵素 「PAK」 を抑制することによって、敵の悩みを解消して、たちまち 「ハッピー」 にするという魔力を帯びていた。

ある日、パールはある有機化学者の知恵を借りて、CAPEより1000倍強い新しいPAK遮断剤 「アゾカフェ」 を開発するのに, とうとう成功した。アゾカフェは極めて揮発性で、その香りを嗅ぐと、敵はたちまち戦力を失い、パールの味方になった。 こうして、パック国王は、ホワイトハウスから、衛兵を殆んど失い、いわゆる 「裸の王様」 状態に落ち入ってしまった。最後に、パールの剣にチクリとつかれて、降伏を余儀なくされた。

秋の大統領選後、「リボンの騎士」 パールが仮面を脱ぎ、初のヒスパニック (メキシコ系) 「女性大統領」 の座に就き、2期8年の善政を始めた。 FDAの承認の下、「アゾカフェ」による様々な難病の治療が本格的に開始され、その特許 ("Magic Bullet") のお蔭で 「億万長者」 となったその有機化学者は、国内各地に慈善的な製薬会社を創立し、多数の失業者や貧困者を雇用し始めた。 驚くなかれ、パール大統領は小池首相との初会合で、「沖縄の基地」 問題について決断を下し、基地を自国領内にあるグアム島へ早急に移転することに同意した。 めでたし、めでたし  ("子供向けのハリウッド  Disney "映画化" をめざして、脚本を書いてみよう!) 

主な登場人物 (キャスト):

ドナルド=パック、 億万長者出の独裁者(NYマフィア組織のドン)
プリンセス「ゾロ」、メキシコ出身のパール 嬢 (剣の達人) 
クラーク=ケント、謎の新聞記者 (NYタイムズ)
お茶の水博士、有機化学者 (沖縄生まれの2世)
アラン=ジェラ-ル、パック氏の腹心 (テキサス出のガンマン)

Once upon a time, there was an African-American who governed the whole nation for 8 years. However,  one day in November, a WASP businessman took over this nation by a sort of Coup d'Etat. in collaboration with Russian government., and began to suppress the major media such as NY Times, Washington Post and Boston Globe who were very critical against this new dictator called Donald Pak or King Don.The first task of  "King Don" was to build the Great Wall along PAK-Mexican border, in an attempt to block the migration of cheap labor from Mexico into his new kingdom (PAK). The major supporters of his kingdom were among WASP with poor educational  background and only "low-tech" (blue-colors).  He promised these supporters of his (Blues) to protect their labor market from Mexican or refugees of Arabic origin. Thus, this king blocked the massive influx/immigration from Middle East and Africa as well.

One night, King Don received a brief e-mail:  "Stop building the new wall between PAK-Mexican border immediately!. Otherwise, I shall blast every inch of it by massive dynamites". The message was signed by "Knight of Ribbon" with "Z" (Zorro) mark.

2017年2月27日月曜日

手塚漫画 「リボンの騎士」 (サフィア) が意味するもの?

小池都知事が地元池袋の 「コスプレ」 ショウで、「リボンの騎士」に扮して話題になっている。
私は日本の漫画文化にうとく、つい最近まで、実は 「リボンの騎士」 の存在すら、全く知らなかった。 「 鉄腕アトム」で有名な手塚治虫 (阪大医学部出身の漫画家) が1953年に、少女雑誌上に初めて発表した漫画の題名だそうである。 宝塚歌劇団のファンであった手塚氏は、男装の麗人に扮する淡島千景をモデルにして、この漫画を書き上げた。

主人公は、「シルバーランド」と呼ばれる王国の王子 (実は、プリンセス) である「サファイア」で、天使チンクの悪戯あるいはミスで、女性の心 (優しさ) と男性の心 (勇気) を持ち合わせた、いわゆる 「トムボーイ」 サファイアが誕生する。 この王国では、不思議なことに、男性 (つまり王子) だけが王位を継承することができる決まりになっている。 従って、英国のエリザベス一世や二世のように、女王が君主になることができない!  その事情は、東アジアの どこかの国と良く似ている。。。

さて、昨年の都知事選で、小池さんが、「都議のドン」の陰謀を見事に打ち負かし、史上初の女性都知事に当選を果たし、封建的なシルバーランド (老人の国) にも、次第に近代化 (若返り現象) が芽生え始めている。 「リボンの騎士」を先頭とする小池新党が、快進撃を続けて、来たる7月の都議選で過半数を占めることができれば、新党の次の目標は、国政の改革であろう。  「リボンの騎士」を先頭にして、総選挙で、安倍政権 (ジュラルミン大公?) を破り、2020年の東京五輪後には、初の女性総理が誕生するかもしれない。。。  今は天国にいる手塚治虫氏が未だ若かりし頃に、遠い将来 (21世紀) を夢見て、この少女漫画を描き始めたに違いない。。。 「リボンの騎士」 の映画化あるいは実話化が大いに楽しみである。